ムダ毛の処理と肌のケア

夏ほど熱心になるのがムダ毛のケアです。半袖やノースリーブ、ショート丈のボトムなど、肌をさらすファッションが増えて人目につく

からです。そうはいってもムダ毛処理のしすぎは肌を傷める元なので、自分でケアするときは気をつけなければなりません。
エステやクリニックに行かず自分でムダ毛ケアをしている人は大勢います。
自己処理は肌トラブルを起こさないように気をつけることが大切です。
カミソリでムダ毛を剃る人は多いですが、その時は毛の流れに沿って剃るようにしましょう。
逆方向に剃る人もいますが、肌を傷める原因になります。また、剃毛する際は事前に肌にフォームやクリームをつけると、皮膚への負担

が少なくて済みます。
毛抜きや脱毛器を使用する場合は、毛穴に雑菌が入らないように道具の衛生を保つことが大切です。
また、毛抜きでのムダ毛処理を続けていると皮膚が色素沈着して黒ずみが残ったり、再生した毛が表皮の中で育つ埋没毛の原因になるの

で気を付けましょう。
除毛クリームや脱色剤は、肌に合わないとかぶれることがあるので注意が必要です。使用前にパッチテストを行いましょう。
毛穴から膿や血が出るような状態になっている場合、ムダ毛処理のしすぎで皮膚へのダメージが蓄積しているのかもしれません。
道具と肌の衛生に充分配慮して、ムダ毛ケアの頻度は最小限に留めるようにすることが肌への負担を減らすポイントです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ